うめももさくらロゴ
メールマガジンご登録
お支払い・送料
 
▲トップへ
▼ 目次
1>屋久杉マウスパッド
2>きっかけ
3>スタッフのこだわり
4>手間と価格
5>自然素材ならでは
6>スタッフが試用
7>あぁ職人気質
8>さらにウンチク
9>パッド?パット?
10>最高級の屋久杉で
11>マウスパッド一覧
12>価格改定のお知らせ
13>素材について
14>新サイズ登場
15>メディア掲載一覧
 
プライバシーポリシー
 
 
きものさくさく うめももさくら ファーストきものからこだわりの1枚まで
きものと帯、和装小物、和雑貨の店 うめももさくら
|お支払い・送料 お仕立てについて お問い合わせ 掲示板 ご利用ガイド

開発ストーリー3 職人のこだわり
マウスパッドとして使いたいと言うと、職人さんたちも意外だった様子。

「丸みを付けたのもあるんだよ」

と言って奥から持ってきてくださったのが、上の写真に映っている大きめのもの。
脂の乗った高価な屋久杉で作られたもので、けっこういいお値段です。
しかも2枚だけ。

ツヤというかテリというか、見た目も肌触りも極上です。
一目ぼれしました。

でもこれだとほとんど素材が手に入らないですし、やっぱりもっと手頃な価格のものがいいかなと。

そこで最初に見ていた端が四角く処理されたものを丸く処理しなおしたら、おいくらくらいになるか聞いてみました。

「加工代、今の値段よりぐっと高くなっちゃうよ。手間がかかるからねぇ〜」

素材はこのものすごい屋久杉でなくても、木のぬくもりが感じられればいいこと、数は少量でいいこと、殺人的な納期でお願いすることはないことなどをお話しして、見積もりをお願いすることにしました。
手の空いた時に作業していただける数でいいので、なんとか少しでもお安くできないかとお願いしてみましたが、手間がかかることには変わりありません。

たぶん私たちが「ちょっと丸みをつけていただければ」と思う感覚と、職人さんが想定されている作業工程には開きがあるのだと思います。
そこはプロですから。
私たちが要求する以上の工程と完成度をごく当たり前に想定していて、そうでなければ人様の手に渡したくないという思いもあるのでしょう。

あまり高くなってしまうとお客様にご紹介しづらいですし、手間のかかるものを値切っては申し訳ないので、その時はあきらめようと思ったのです。

次の記事へ

 

着物愛好者の方にも着物ビギナーの方にも愛される、着物好きさんのためのお店を目指します。

セール / 浴衣(ゆかた) / 夏物 / 小紋 / /袋帯 /名古屋帯 / 長襦袢 /

コート・羽織 /帯揚げ・帯締め・帯留 / バッグ / 草履・下駄 /男の着物/ 八掛・胴裏 /

着付け用小物 / 収納・お手入れ / 和雑貨・小物 /和風コスメ/和生活のススメ/ 振袖 /
肌着・下着 /木綿の着物 /祝い着・喪服 / 半衿・掛け衿・伊達衿 /長襦袢/半巾帯 /
 
Copyright(C)2009 umemomosakura All Right Reserved.